2004年4月1日禁煙開始以来、奇跡的に継続中!NanjaSoRya!No Smoking Roomへようこそ!タバコの話から日常の話まで・・・
by dr-monkey
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
禁煙日記
人から聞いた話
タバコの話
普通の日記
・・・と思いました
旅の話
診察室での会話
携帯からです
このページの開設にあたって
その他の話
未分類
以前の記事
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
more...
検索
フォロー中のブログ
きみぃの楽しい毎日
ふくみみ
†Kotonoha†
バイクにまつわるあれこれ
スポーツ内科医の日記
まぁ,確かに,やっぱり,...
I LOVE New York
禁煙とダイエット日記
ピーママときたま日記
wabi sabi
いまだ天命を知らず
女の禁煙 ブログで成功
東京OLもどき、禁煙生活編
theMatsumoPh...
Take it easy...
禁煙日記
ーHK発 ことえもんのど...
I'm still gr...
§Life Is Bea...
ブログリンク
タグ
(2)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


黄砂に吹かれて

何とか風の強い日に車のフロントガラスが埃っぽいことがある。この前も黄色い粉(砂?)が付いていた。花粉の堆積?(ぞっ!)

頭の中にいまやキムタクの奥様工藤静香のヒット曲「黄砂に吹かれて」がふっとよぎる♪♪。

気象庁 | 黄砂に関する基礎知識
黄砂は、主として乾燥地帯(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯で強風により吹き上げられた多量の砂塵が上空の偏西風に運ばれて日本、韓国、中国などで降下する現象をいいます。濃度が濃い場合は、天空が黄褐色となることがあります。一般的には、春(3月、4月)に多く観測されます。
どうも最近は黄砂も多いらしい。中国の近代化で砂漠化しているのだろうか。考えてみれば、中国は毎年数センチか、数ミリか数ミクロンか知らないけれども国土が削られ、日本は毎年わずかばかり国土が増えている計算になるのだ。損するものがいれば、必ず得するものがいると言うことだ。しかし、同時に黄砂とともに中国東北部の工業地帯から排出される窒素酸化物も同時に日本に降り注いでいることであろう。中国の公害の一部を引き受けるかわりに国土が少し増えていることになるのかもしれない。

あまり政治問題は取り扱いたくないが、島の問題のように、将来黄砂を返せと理不尽なことを言われた時にはどうすればいいのであろうか?ちゃんと窒素酸化物による酸性雨も引き受けているんだと言える証拠を残しておかなければならいのかもしれない。
[PR]
by dr-monkey | 2005-04-05 23:14 | ・・・と思いました
<< それぞれの風景 顛倒上下 >>