2004年4月1日禁煙開始以来、奇跡的に継続中!NanjaSoRya!No Smoking Roomへようこそ!タバコの話から日常の話まで・・・
by dr-monkey
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
禁煙日記
人から聞いた話
タバコの話
普通の日記
・・・と思いました
旅の話
診察室での会話
携帯からです
このページの開設にあたって
その他の話
未分類
以前の記事
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
more...
検索
フォロー中のブログ
きみぃの楽しい毎日
ふくみみ
†Kotonoha†
バイクにまつわるあれこれ
スポーツ内科医の日記
まぁ,確かに,やっぱり,...
I LOVE New York
禁煙とダイエット日記
ピーママときたま日記
wabi sabi
いまだ天命を知らず
女の禁煙 ブログで成功
東京OLもどき、禁煙生活編
theMatsumoPh...
Take it easy...
禁煙日記
ーHK発 ことえもんのど...
I'm still gr...
§Life Is Bea...
ブログリンク
タグ
(2)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ピキッ!のその後

アメリカの建築家のグループが来日してのデザインフォーラムに参加した。
もちろん、本業外の話だけどね。
アメリカの某港町のダウンタウン再開発計画の実例をプレゼンテーション、そして日本の建築家の皆さんとディスカッションという趣向だ。
「日本とアメリカの気候は違いますか?」・・・おい!今日のプレゼンと関係ないだろ!
「同業者同士、仲良くやっていく秘訣は?」・・・おい!談合の話か!
「市役所や議員さんへどうやって働きかけるのか?」・・・おい!袖の下の話か!
ピキッ!

I am not a architest. I am a provider of health service. May I ask a qustion? だ!

彼らがプレゼンしたMixed Useと言っていた1~2階が店舗、3階が集合住宅といった低層のビルの住宅部分に誰が住むのか?これから、高齢化していく社会では、このような便利なところにこそ高齢者が住むべきじゃないの?そうすれば、年寄りにとってはコミュニケーションをとることができるし、ダウンタウンの病院からも近いはずだし・・・

・・・と質問。どうもアメリカでは、集合住宅を作るときには20%は低所得者向けの住宅を考慮しなければならないようで、彼らの琴線に触れたらしい。フォーラムが終わった後、演者の数人が追っかけてきてディスカッションをした。

ジャズバンドが演奏する中、場所を移してのレセプションに参加した。
ワイン片手に、これからの高齢化社会での建物のあり方に花が咲いた。
とても刺激的な一日だった。
それにしても、言いたいことはそれなりだが、ヒアリングに苦労する。英語がもっとうまくなりた~い!!!
[PR]
by dr-monkey | 2005-05-06 16:33 | 普通の日記
<< チュンチョン? すがすがしい季節 >>