2004年4月1日禁煙開始以来、奇跡的に継続中!NanjaSoRya!No Smoking Roomへようこそ!タバコの話から日常の話まで・・・
by dr-monkey
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
禁煙日記
人から聞いた話
タバコの話
普通の日記
・・・と思いました
旅の話
診察室での会話
携帯からです
このページの開設にあたって
その他の話
未分類
以前の記事
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
more...
検索
フォロー中のブログ
きみぃの楽しい毎日
ふくみみ
†Kotonoha†
バイクにまつわるあれこれ
スポーツ内科医の日記
まぁ,確かに,やっぱり,...
I LOVE New York
禁煙とダイエット日記
ピーママときたま日記
wabi sabi
いまだ天命を知らず
女の禁煙 ブログで成功
東京OLもどき、禁煙生活編
theMatsumoPh...
Take it easy...
禁煙日記
ーHK発 ことえもんのど...
I'm still gr...
§Life Is Bea...
ブログリンク
タグ
(2)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


貧困の民とイエローカード

a0012232_17150.jpgさっそく内科医のtakahashibssさんから世界禁煙デー(WHO定めたのだ:毎年5月31日)のご案内

>今年の世界禁煙デーの標語は「たばこと貧困:その悪循環から逃れよう」
・・・どこかの奉仕団体の標語のようでもある。昨今のテロ事件や紛争の根底には、やはり貧困、南北格差などがありますよね。もし、貧困がなく、食料や水が十分にあれば、人々はもっと丸くなるかもしれません。
タバコという嗜好品も、それを得るために貧困の原因になるということなのでしょうか。
そういった意味では、みんなが使っている禁煙カウンターの「浮いたお金分」くらいは、世界の飢餓や保健のために寄付する心意気も必要かも知れませんね。

>分煙イエローカードや禁煙イエローカード があります。名刺サイズですので、余計なお世話をしてあげましょう。
・・・「気の弱い人」でも使えるカードだそうです。受身の人たちの気が弱い、強いではなくて、本当に吸っている人たちの気配り、思いやりを啓蒙したいですね。

貧困で苦しんでいる世界の民とイエローカードを出さないと気づいてくれない人たち・・・根本的には「困った人」への思いやり、奉仕の心なのではないでしょうか。
ちょっと、堅い話でした。
[PR]
by dr-monkey | 2004-05-21 17:02 | 人から聞いた話
<< 国際化 グリーンワールド >>