2004年4月1日禁煙開始以来、奇跡的に継続中!NanjaSoRya!No Smoking Roomへようこそ!タバコの話から日常の話まで・・・
by dr-monkey
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
禁煙日記
人から聞いた話
タバコの話
普通の日記
・・・と思いました
旅の話
診察室での会話
携帯からです
このページの開設にあたって
その他の話
未分類
以前の記事
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
more...
検索
フォロー中のブログ
きみぃの楽しい毎日
ふくみみ
†Kotonoha†
バイクにまつわるあれこれ
スポーツ内科医の日記
まぁ,確かに,やっぱり,...
I LOVE New York
禁煙とダイエット日記
ピーママときたま日記
wabi sabi
いまだ天命を知らず
女の禁煙 ブログで成功
東京OLもどき、禁煙生活編
theMatsumoPh...
Take it easy...
禁煙日記
ーHK発 ことえもんのど...
I'm still gr...
§Life Is Bea...
ブログリンク
タグ
(2)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ナースのお仕事2

a0012232_175418.jpg聞こえない?あなたの肺から ナースコール
「ハイ」は元気に 「肺」は奇麗に
その一本、おひかえナースって

同業者の話である。

看護者たちの禁煙アクションプラン 2004 

冒頭は、このアクションプランで募集された「ナースのこころに響く禁煙キャッチコピー」の優秀賞、奨励賞、ユニーク賞である。
この標語が「ナースの心に響く」かどうかは問題外にしても、一応参議院議員まで出す強力な組織、日本看護協会がこのような取組みをしなければならないということは、相当深刻なものと考えなければならないだろう。さらに、

日本看護協会「たばこ対策宣言」
1.国民の健康を守る専門職として「たばこ対策」に積極的に取り組みます
2.看護職の禁煙をサポートします
3.保健医療福祉施設における受動喫煙を予防するため、禁煙・分煙の環境整備を推進します
4.看護学生の禁煙・防煙教育に積極的に取り組みます

とのこと。女性看護職で成人女性の約2倍の24.5%という喫煙率が、こういう取組みを後押ししているのだろう。

自分の経験からしても、喫煙の動機のほとんどが、同僚や先輩からの勧めであるだろう。だから、喫煙率が高い集団に入ってしまうと、自律的に喫煙者が増えてしまうのだろう。
ナースの仕事がきついからと、親しいナースからも聞く。自分でタバコを止めて体調がよくなったことを考えれば、きつい仕事だからこそ、タバコ何ぞで体を蝕むのはやめていただきたいものだと思ってしまう。
[PR]
by dr-monkey | 2004-06-28 17:55 | 人から聞いた話
<< な、な、なんと90日 北の大地から >>