2004年4月1日禁煙開始以来、奇跡的に継続中!NanjaSoRya!No Smoking Roomへようこそ!タバコの話から日常の話まで・・・
by dr-monkey
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
禁煙日記
人から聞いた話
タバコの話
普通の日記
・・・と思いました
旅の話
診察室での会話
携帯からです
このページの開設にあたって
その他の話
未分類
以前の記事
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
more...
検索
フォロー中のブログ
きみぃの楽しい毎日
ふくみみ
†Kotonoha†
バイクにまつわるあれこれ
スポーツ内科医の日記
まぁ,確かに,やっぱり,...
I LOVE New York
禁煙とダイエット日記
ピーママときたま日記
wabi sabi
いまだ天命を知らず
女の禁煙 ブログで成功
東京OLもどき、禁煙生活編
theMatsumoPh...
Take it easy...
禁煙日記
ーHK発 ことえもんのど...
I'm still gr...
§Life Is Bea...
ブログリンク
タグ
(2)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:禁煙日記( 157 )

花霞

a0012232_1334584.jpg
昨日行った東京ではすっかり盛を過ぎていた。
当地は今、最高のタイミングだ。

今日のお昼は歩いての10分の公園の下の会館で花見の宴だ。お花見弁当に花見団子。そして、周りの人たちから花霞ならぬ、タバコ霞の嵐だ。こんなにすがすがしい時に何もと思ってしまうのだが、そういえば青空の下、気持ちいところでのタバコって美味しかったなあと思い出してしまった。さすがに、1年経つと以前ほど周りの連中のタバコを忌避することはなくなった。・・・随分寛容になったのだ。もしかすると、人のタバコがいやでしょうがない時期も、禁断症状のひとつだったのかもしれない。新たな発見!
[PR]
by dr-monkey | 2005-04-15 13:34 | 禁煙日記

飛行機禁煙から飛行場内禁煙?!

久々にタバコのお話・・・

a0012232_14584212.gif成田国際空港公式WEBサイト - お知らせより

米国発着便及び米国航空会社便の機内にライターは持ち込めません
2005年4月14日から米国航空会社の航空機及びグアムやサイパンを含む米国の都市発着の航空機について、下記のようにライターの持込みを禁止する措置をとることになりました。
・ 出国審査後でも喫煙できるよう、出発コンコースの喫煙所にライターを設置しました。
・ 持込禁止対象となる航空機以外は、ライター1個を機内へお持ち込みいただけます。
・ 持込禁止対象となる航空機であっても、小型マッチ数個であれば機内にお持ち込みいただけます。
・ どのような航空機であっても、スーツケースなど航空会社に預ける手荷物にライターやマッチを入れることはできません。
アメリカ合衆国大統領が昨年12月に署名した「情報諜報改正およびテロ防止策」で荷物検査場以降、ライターの持ち込みが禁止となったらしい。飛行機禁煙からついに飛行場内禁煙かと時代の進み方に驚いたが、テロ対策だったのね。いずれにしても、出発コンコースの固定ライターか少量のマッチしか使えないことになったようだ。ヘビースモーカーさんは大変だ。
タバコを止めて良かったという話題である。
[PR]
by dr-monkey | 2005-04-12 15:06 | 禁煙日記

顛倒上下

当地のお通夜では、お坊さんからありがたいお話(法話)を聞く(いや、聞かされる)ことが多い。支離滅裂、言語不明瞭、柱がない話が残念ながら多いように思われる。せっかくの布教の機会なのに・・・。

そんな中、昨晩はお通夜の席で久々にいい話を聞いた。「てんどうじょうげ・・・○△□×???」。通夜が終わってからお坊さんをつかまえてどういう字を書くのか聞いてみた。

顛倒上下
煩悩のために誤った考えやあり方をすること。さかしまな考えという意味。
お金や財産があれば幸福になれると考えたり、良い大学を出れば出世して楽な暮らしができると考えるのも顛倒上下。そして、そうならなかった時に、あわてふためき混乱することになるという。「長生き」「お金」「出世」ばかりにとらわれず、それらにこだわる顛倒上下の考えを捨てなければならないらしい。
私は顛倒上下の塊だ。世のなかもみんな顛倒上下の塊だ。楽して健康になり、楽して儲かり、楽して出世したい人ばかりなのである。禁煙も健康のための一つの修行だったのかもしれない。この4月からは、生活習慣病対策ダイエットの修行を始めなければ・・・
[PR]
by dr-monkey | 2005-04-04 15:35 | 禁煙日記

ありがとうございます

ジャーン!!!「き、き、禁煙の…」というタイトルではじまったこのブログ
勝手に…
祝 禁煙1周年
である。

思い起こせば、いろいろありました。
そもそも、去年の4月1日の職場の全館、敷地内禁煙宣言からということで、自分の意志ではなく全く外圧からはじまった禁煙である。それまでも、休みの日には自宅で禁煙したところで職場に来ればパブロフの犬のように条件反射で同僚と喫煙コーナーへ行っていた。そういう意味では、どうしようもないところに追い込まれたのであった。

しかし、同じく禁煙せざるを得なかったはずの同僚の皆さんのほとんどは、結局秘密の場所を探し当て、あるいはマイカーの中、帰りの路上、喫茶店に飲み屋さんで復煙したみたいだ。
私の場合はまだ卒煙とはいいがたい。だけど何とか続いているのは、何といっても…
このブログと訪問してくれる皆さんのおかげ
なのである。

1年経って、胸を張って一つだけ言えることがある。
ブログ禁煙法は役に立つ
これは、私だけでなく、このブログでもリンクを貼った多くの人で実証されているのだ。つらい思いをブログに書きなぐり、またつらいときにブログのネタ探しをするのである。

タバコを止めてどれだけ健康になったのかわからない。なぜなら、多くの人と同じように体重が増えて、生活習慣病リスクが増したからだ。しかし、何回も失敗した禁煙を1年間続けてこれた自分を褒めてあげたいし、マナーとしてタバコの煙で人に迷惑をかけなくなったこともよかったことだろう。
[PR]
by dr-monkey | 2005-04-01 09:24 | 禁煙日記

日差し注意報

下のホワイトナイトつながりではないが、禁煙6ヶ月のナイトさんのブログにトラバ返しだ。実に多くのタバコの害の総説である。

ありとあらゆるハプニングを起こしたい!:たばこ吸っちゃあ・・・イヤイヤ!

よくある妊婦さんへの影響、たばこ顔(スモーカーズ・フェース)、発ガンの話の他に、歯周病と紫外線によるシミの話だ。特に、ほんのわずかなタバコの煙の中の有害成分に紫外線が反応しシミになる話は新鮮だ。ナイトさんは「喫煙者と昼間ドライブする時は注意が必要」とショッキングな警告を発するのだ。

これから日差しが強くなる。肌を出す女性の皆さん、シミの防止のために日差しがあたるところではタバコを吸う人から逃げ惑わなくてはなりませんよ~!
[PR]
by dr-monkey | 2005-03-29 17:22 | 禁煙日記

躊躇なく

年度末だからというわけではないが、相変わらず気ぜわしい。

昨日は、片道2時間30分の場所で4月からの「個人情報保護法施行に向けて」という演題で約200人の聴衆に講演だった。わたしゃ、専門家ではないが、しゃべれと言われれば、断る理由もない。1月に2本、雑誌に原稿を書いたのが主催者の目に留まったらしい。
個人情報保護法も法律そのものと各産業分野ごとに所轄大臣のもとで作られたガイドライン以上のことは誰もわからないわけで、解釈の問題っていうことでいいたい放題ということになる。なんともいい加減な話で申し訳ない。
終演後、主催者の方からすっかりご馳走になり11時過ぎに帰宅だ。

わが禁煙も11ヶ月と3週間。暖かくなってくるのと同時に喉に何かが欲しくなる。特に、人前でしゃべった後は、緊張感もあり喉が寂しい。あのタバコの感覚が、ついさっきまで吸っていたかのようによみがえる。1年のブランクなんて何にもならない。何てもの覚えがいい記憶なんだろうかと思ってしまう。横から、1本出されたら何の躊躇もなく吸ってしまいそうだ。
[PR]
by dr-monkey | 2005-03-23 10:25 | 禁煙日記

世界のために

カナダに留学中のmiffyinvicさんから興味深い報告だ。Ethical Consumption
人口で10%強の欧米で、世界の資源の60%強を消費し、その中でもペットフードや香水など贅沢品に消費したお金と、教育や水の供給や予防接種などの途上国の救済にかかるお金の対比が面白い。
miffyinvicさんが出典として紹介くださったWebをのぞいてみると・・・

State of the World 2004: Consumption By the Numbers: Worldwatch Institute News
喫煙は毎年500万人の死亡に関係し、アメリカの1999年におけるタバコに関連する医療費と生産性の減少は、その年に5つの多国籍タバコ会社が稼いだお金の1.5倍に当たる1500億ドル以上になる。
アメリカでは成人の65%が体重が多すぎるか肥満症で、年間30万人の死亡原因となり、1999年においては少なくとも1170億ドルの医療費をまねいた。
・・・ということで、先の贅沢品をしのぐすごいお金だ。みんながタバコを止めれば、世界が幸せになる構図ということだ。それに、禁煙でみんなが気にする肥満も、世界のために解消するべきなようだ。
タバコを止めて浮いたお金で・・・ではなくて、浮いたお金は人類のために使おう!ということかしら・・・反省!
[PR]
by dr-monkey | 2005-03-19 18:25 | 禁煙日記

マナーと法律

トラバ返しになりますが・・・non-smokinさんのブログから

歩きたばこ・ポイ捨てが止まらない...

non-smokinさんが新しい学生生活を始める杉並区には「歩きタバコ禁止条例」があるらしい。にもかかわらず、ポイ捨て吸殻が多いらしい。
そういえば、最初に千代田区で条例が出て随分話題になりまたなあ。きっと、その後を追って多くの自治体で制定されているのかもしれない。

マナーが禁止法になるって情けないね。法にしなければ、誰も守らないということだものね。しかし、スピード違反と同じように「ばれなきゃいい」、「ばれたら運が悪かった」的になってしまうとマナーの問題でなくなってしまうものね。

P.S. おっと、 takahashibssさんの今日のブログにも・・・
明日から名古屋は路上禁煙:万博のお出かけは注意
[PR]
by dr-monkey | 2005-03-16 09:10 | 禁煙日記

原体験

もう10ヶ月以上も禁煙しているcosworth-dfv さんでさえ、

またしても夢の中で吸ってしまった

なのである。

夕べcosworth-dfvさんのブログを見て、コメントを書き込んだからではないだろうけど、今朝がた夢を見た。今回はタバコの夢ではない。ただ、前にいったことがあるし、前に何回か夢に見たことがある土地へ行ったのである。前に夢に見た土地と言っても、昨日や先週のことではない。何年か前に見たはずの土地なのである。・・・山があり、海があり、単線の鉄道がある。何年かぶりに見た土地には時代の流れか新たに新幹線が付いていた。

前世?!!・・・こんなことを考えると怖くなる。もしかしたら、子供の頃に通り過ぎた土地かもしれない。原体験かもしれないのである。
タバコもきっとcosworth-dfvさんと同じように、何ヶ月か何年か経った後にでも、脳にしみこんだ原体験として夢に見るに違いないのだ。
[PR]
by dr-monkey | 2005-03-15 12:21 | 禁煙日記

悪魔のマーケティング

「タバコ産業は自らが作り上げてきた巨大な怪物(喫煙者)に餌を与え続ける方法を探さねばならない。もはや発展途上国でタバコの販売量を増やすしか道はないのだ」

「タバコなんざ、ガキや貧乏人に黒人、あとはバカに吸わせておけ」
英国の喫煙率低下のための運動を推進する民間健康推進団体ASH(Action on Smoking and Health)が編した「悪魔のマーケティング」(日経BP) の中で示されたタバコ産業の内部からのコメントであり、彼らが生き残るための戦略なのである。

その上、タバコの規制がどんどん厳しくなっていく。だんだんタバコは手に入りにくい貴重品になってくる。
その結果、冒頭に出てきたようなタバコの顧客たちは犯罪に陥っていかないか心配してしまうのである。このブログでも、何回も言ってきたように、タバコを地下にもぐらせると、禁酒法時代のシカゴのようにマフィアが暗躍するのである。
[PR]
by dr-monkey | 2005-03-14 18:49 | 禁煙日記