2004年4月1日禁煙開始以来、奇跡的に継続中!NanjaSoRya!No Smoking Roomへようこそ!タバコの話から日常の話まで・・・
by dr-monkey
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
禁煙日記
人から聞いた話
タバコの話
普通の日記
・・・と思いました
旅の話
診察室での会話
携帯からです
このページの開設にあたって
その他の話
未分類
以前の記事
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
more...
検索
フォロー中のブログ
きみぃの楽しい毎日
ふくみみ
†Kotonoha†
バイクにまつわるあれこれ
スポーツ内科医の日記
まぁ,確かに,やっぱり,...
I LOVE New York
禁煙とダイエット日記
ピーママときたま日記
wabi sabi
いまだ天命を知らず
女の禁煙 ブログで成功
東京OLもどき、禁煙生活編
theMatsumoPh...
Take it easy...
禁煙日記
ーHK発 ことえもんのど...
I'm still gr...
§Life Is Bea...
ブログリンク
タグ
(2)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:人から聞いた話( 60 )

不二家のクッキーはおいしいのだ

ちょいと野暮用で日曜日は京都日帰りでした。

朝早く北陸発のJR特急サンダーバードに搭乗でした。隣席ブロック(?!)可能でしたが、周りは、行楽に出かけるグループやカップルで一杯でした。
福井からお乗りの、後席おばちゃん軍団は興奮して大騒ぎ。その上、多量の持込菓子で朝から宴会です(笑)。
a0012232_12594991.jpg
「あんた、これ不二家のクッキーとちゃうの?」
「賞味期限大丈夫かの?」
「なんでも期限が切れたちょっと腐りかけた方がおいしいに決まってるのよ」

・・・しかり。魚醤も、チーズも、漬物も、ちょっと醗酵して腐りかけたものがおいしいですな。

不二家のクッキーは、だからおいしい?
[PR]
by dr-monkey | 2007-02-27 13:00 | 人から聞いた話

窮すれば・・・

a0012232_16291059.jpg今日の日本経済新聞朝刊に同紙コラムニスト・土谷英夫氏によるコラム「フラガールと夕張と」が掲載されている。

まさに、「窮すれば通ず」で炭鉱閉山から立ち直ったあの映画・フラガール(公式サイト)の常磐と夕張の現状を対比させた秀逸なコラムなのだ。


その中で、「窮すれば通ず」の語源に触れられている。
俗に、「窮すれば通ず」というが、原典の「易経」(英訳で「The Canon of Changes(変化の経典)」とも言われる)では、
 「窮すればすなわち変じ、変じればすなわち通ず」
なのであるという。窮しただけででは通じない。肝心なのはどう変わるかであるという。

困っただけでは、死んでしまう。変化を起こさなければ成功しないのだ。変化は大きなストレスを必要とする。その労を惜しんでは、結局終わりなのである。
[PR]
by dr-monkey | 2007-02-12 16:30 | 人から聞いた話

オタクの話

世のなかにはオタクといわれる人がたくさんいる。好きなことを好きなだけやることは幸せなことかもしれない。好きなことを理解されないという理由で、恋愛に興味がなく気味悪がられる人も多い。そういうマイペースなところは、例によってB型気質かもしれない。

友人で大学教授である。彼は私なんかよりもずっと日本中を、世界中を飛び回っているのである。そんな彼が、家庭を顧みず単身でJR東日本元旦切符というものを使ってチャレンジしたという。この切符は元旦1日に限り12,000円でJR東日本の列車が乗り放題だが、指定席を取ることができるのは4回までということである。彼は2年前には元旦1日飛行機乗り放題を使って日本中を回った経験もあるのだ。

今年の元旦に6:08東京駅を復旧直後の上越新幹線で新潟に向かい、22:36東京駅に東北新幹線で八戸から帰京する。総走行距離1927.1km、乗車時間率83.5%という記録に彼は満足げに報告して来た。

毎日のように日本中移動しているのに・・・。彼の弁である。
「タバコのブレンダーは、タバコの味を決めるという目的を持って、仕事中はいつもタバコを吸っている。だが、休憩中の目的のない一服は、仕事の緊張から解放されて、格別にうまいという。私の日々の移動は、タバコのブレンダーの喫煙と同じく、常に仕事を行なう場所に行くという目的を持ちながら移動している。それ故、休みのときに行なう目的地のない移動は楽しく、また予想外の事がいろいろ起きるので、元旦早々飛び回るのである。」

オタッキーである。しかし、妙に彼の行動に共鳴でき、内心悔しがっている自分を見たのであった。
[PR]
by dr-monkey | 2005-01-27 09:39 | 人から聞いた話

孫悟空みたい

人気ブログ:I LOVE New Yorkからトラバだ
You can call me " Stupid " - ロックアウト・・した part 3
pinkyさんって”男と女のラブ・ゲーム♪”を冷静沈着に、評論できる人なのだ。
>男性というのは、「ほんとに無神経である。」
時として・・「優先順位」を間違える。
そして・・いわんでもええ、 「余計なことを言う。」
そんでもって・・・「スーパーマン(ヒーロー)になりたがる。」

>男性というのは、「良い人」になりたがる。
特に自分の彼女や、奥さん以外の人に、良く思われたいと思う。
だって、彼女や奥さんが、自分をよく思ってくれてるのは、「当たり前」だから。

>男性は、「責められると謝らない。」
じゃあ、私たち女は、どうしたらいいか?
それは・・・男性に「悪かった・・・」と、思わせなくちゃいけないのです。

>男っていうのは、わざと「やきもちをやかせる。」という、コソクなわざを使う。

>ったく・・・・男ってやつは・・・ほんと・・・わかんないかねえ・・・・

お釈迦様の手のひらで暴れている孫悟空のように、男は女の手のひらで走り回っているものかもしれない。胸に手を当てると、すばらしい占い師の前に座ったようで、つぼにはまって思わず苦笑してしまう。
仕事、恋愛、家庭生活・・・みんな思い当たる節がある。そして、喫煙でも同じように、かっこつけ、分別があるような顔をして、禁煙へ責められても翻らず、どうでもいい姑息な理由として仕事のストレスを情緒的に訴える。
ほんとに男っていうのは、懲りないワンパターンなのかもしれない。そして、女ってやつこそ・・・ほんと・・・怖いよねえ・・・・
[PR]
by dr-monkey | 2004-11-12 17:06 | 人から聞いた話

禁煙プログラムを導入したものの・・・

大変なことになってしまった。17:30東京発のチケットを取っていたのだが、思い込みって恐ろしいものである。午後7:30発だと思っていた。おっとり刀で羽田空港へ行き、チェックインしようとしたら、「既に搭乗手続きは終わっています」「???なんで????・・・・・」
このとき初めて気がついた5:30発のチケットだ!・・・しかも、今日は日曜日の夕方。東京で思い切り遊んだ方々が大きなお土産を手にごった返しているではないか!Oh My God!だ
空席待ち、18時台は乗れなかった(シュン)、今19時台の順番待ち中だ。これもだめなら20時台、そしてその後に残っているのは東京ステイだ・・・トホトホホ・・・

今日は品川コンファレンスセンターで200数十人の聴衆を前に講演だ。講演自体はあまり好きでないし、決してうまいとは思えない。しかし、私が下手でも私の責任ではなく、呼んだやつの責任だと思って何でも引き受けることにしている。それに、無料で他の優秀な講師の話が聞けるし、彼らとお近づきにもなれるというメリットがある。
そこで、ある講師が面白い話をしてくれた。

お金の話だけならばという前提で・・・
国民的に禁煙プログラムを行うことによって、15年間の医療費は確実に下がる。
しかし、それ以降タバコをすって死ぬはずだった人たちが、長生きしてしまうことで、かえって累積医療費が増えてしまうという(New England Journal of Medicineという権威ある雑誌に研究結果が出ているそうだ)。
・・・もちろん長生きするってことはお金に換えられらいメリットは十分あるのだが・・・

空席待ちの暇でドキドキの待ち時間で
[PR]
by dr-monkey | 2004-11-07 19:02 | 人から聞いた話

台風の名前

a0012232_205321.jpg台風には名前があるらしい。確かに昔、ジェーン台風とかカスリーン台風とか聞いたことがある。またアメリカのハリケーンは最初から○号とは言わず、チャーリーとかいう個人名がつくようだ。今回日本列島を縦断した16号はCHABA(チャバ)という名だそうだ。何語だ?

台風のアジア名
>アジア各国(北朝鮮まで仲良く入っている)と米国とで構成するESCAP’/WMO台風委員会は1997年11~12月、香港で行われた第30回会合で台風のアジア名の使用を決定。翌1998年12月マニラで行われた第31回会合で加盟各国・地域が提出した呼び名のリストが採択されました。その目的は
(1)国際社会への情報に台風委員会が決めた名前をつけてそれを利用してもらう
(2)アジアの人々になじみのある名前をつけることで人々の防災意識を高める
ことにあり、ひいては、アジア文化の尊重、相互理解の強化、連帯の強化にあるとみられます。

・・・ということで、2000年1月から名前がついているそうだ。そして
台風のアジア名一覧に見るように、ずっと先まで名前が決まっているようだ。今回のCHABAは、「茶葉」?いやいや。な、な、なんと・・・タイ語で「ハイビスカス」の意味だそうだ。この台風、タイの方に行かなかったんだけどね。

今年の台風8号はかわいい「テンテン」(女の子の名前)ちゃん・・・パンダか
他に蝉やら、かわうそやら、タンポポなど、この無節操、信念のなさは何だと思ってしまう!
[PR]
by dr-monkey | 2004-08-31 18:24 | 人から聞いた話

11%の人間の嗜好を変えること

a0012232_15114457.jpg禁煙広報センター SCIC - 禁煙促進に関する海外のニュース:喫煙規制が厳しいニューヨークで喫煙率11%減少

すごい!たった1年で10人の人間のうち1人に禁煙させたということである。人間の嗜好を1年でこれだけ変えることができるのか!しかも10人は、このブログに集うような、志向を持った人ではなく不特定多数である。

>カリフォルニア大学サンフランシスコ校の保健・健康管理学のスティーブン・シュレーダー教授は、「ニューヨーク市は、税金の大幅引き上げ、室内禁煙、禁煙プログラムの提供の3つを組み合わせ、今までにない完璧な政策を打ったのだから、このような劇的な結果が出るのも分かる」と評価した。

確かに20日前のニューヨーク訪問では、少なくともわれわれ観光客が行くような公共の場所やレストラン、パブは、臭いを含めてタバコと無縁(無煙)で、喫煙者を見ることのほうが稀であった。
しかし、禁酒法の時代にシカゴでアルカポネなどのギャングが暗躍したのと同じように、アンダーグラウンドに喫煙者が追いやられ、無法地帯となることは避けて欲しいものである。
[PR]
by dr-monkey | 2004-08-30 15:10 | 人から聞いた話

思い出してみるタバコの効用

トラバどうしようかと悩みつつ
へえ~へえ~へえ~へえ~へえ~へえ~へえ~へえ~ものである。
k-nshさんのブログからトラバだ:完全禁煙64日目

廃棄コーヒー豆の利用法として、「灰皿に入れる」とタバコの臭いを消してくれた。しかし、廃棄タバコに利用法があったとは・・・

>ちなみに廃棄タバコの利用方法
>吸い終わったタバコのフィルター2,3個を水に浸ける:それは毒の水になるのだが植物の葉裏に散布するとアブラムシがつかない。
>吸っている最中に出る灰:これを鏡を磨く時に付けて磨くと綺麗になるらしい

さらにさらに!
タバコの吸う以外での利用方法
>蚊に刺されて痒くってどうしようもないのに虫刺されの薬がない時???
> もうわかりましたねぇ (^O^) 
> くれぐれも火傷まで行かぬよう御利用ください
オーNo!…でも効きそう!ということはお灸の代わりにもなるかもしれない…。

>ポリエステルの糸とか切る時
ふんふん…やったやった

>ビキニゾーンの毛束を焼くとき・・・w(゚o゚)w
ノーコメント!

>虫除けスプレー作り
>地面に落書き  (▼、▼メ)

なんとなんと。私はこのほかに
・くもの巣をとる時
・蟻んこをいじめる時
・風のある日に花火に火をつけるとき(ちょっと口が火傷しそうで危ない…)
に使ったような気がする。
[PR]
by dr-monkey | 2004-08-29 20:52 | 人から聞いた話

禁煙しても太らないために

MSN-Mainichi INTERACTIVE 肥満:早食いは肥満のもと本当だった--女子大生1695人調査、その差5.8キロ

 国立健康・栄養研究所などの研究グループによる「早食いは肥満のもと」の実証だ。同時にさまざまな因子も分析され、「1日当たりの摂取カロリーは早食いの人ほど多く、摂取カロリー当たりの食物繊維の量は遅食いの人ほど多かった。早食いの人ほどダイエットに取り組んだ経験のある割合が高かった。運動習慣やたばこなどの生活習慣と食べる速度との関連はなかった」とのこと。
 「早食いの人たちは、食物繊維の少ない速く食べやすい食事をしているため、満腹感を感じる前に必要以上に食べてしまうのではないか。早食いの人は、自然にゆっくり食べられる食べ物を選ぶよう心がけてほしい」というアドバイスである。

 タバコを止めて太らないためには、やはり食物繊維・・・そうなると禁煙昆布が成功の秘訣かもしれない。
[PR]
by dr-monkey | 2004-08-26 10:20 | 人から聞いた話

介護事情でみるアメリカ

a0012232_17162146.jpg洒落たタイムズクエア横のレストランで、美味しいお酒と寿司ロールをつまみながら、現地駐在商社マン氏と歓談した。
「褥創(床ずれ)予防のマットレスとか、器具をアメリカで紹介してくれって、業者さんから言われているんですよね。結構優れものらしいんですけど、なかなか引き合いがなくて・・・」
「そりゃそうでしょ。そんなもの売れないよ」
「どうしてですか?」
「だって、アメリカじゃ寝たきりを作らないなんてかっこいいこと言っているけど、平均寿命を考えたら、寝たきりになって褥創ができる前に死んでいるんだよ。というより殺されているんだよ」
「そういえば、低所得者向けのナーシングホームの在所日数は長くて2年だと言ってましたよ」
「2年経ったら、みんな死んじゃうんだね」
くわばらくわばら

a0012232_1723630.jpg

[PR]
by dr-monkey | 2004-08-17 17:24 | 人から聞いた話