2004年4月1日禁煙開始以来、奇跡的に継続中!NanjaSoRya!No Smoking Roomへようこそ!タバコの話から日常の話まで・・・
by dr-monkey
カテゴリ
全体
禁煙日記
人から聞いた話
タバコの話
普通の日記
・・・と思いました
旅の話
診察室での会話
携帯からです
このページの開設にあたって
その他の話
未分類
以前の記事
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
more...
検索
フォロー中のブログ
きみぃの楽しい毎日
ふくみみ
†Kotonoha†
バイクにまつわるあれこれ
スポーツ内科医の日記
まぁ,確かに,やっぱり,...
I LOVE New York
禁煙とダイエット日記
ピーママときたま日記
wabi sabi
いまだ天命を知らず
女の禁煙 ブログで成功
東京OLもどき、禁煙生活編
theMatsumoPh...
Take it easy...
禁煙日記
ーHK発 ことえもんのど...
I'm still gr...
§Life Is Bea...
ブログリンク
タグ
(2)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

4ヶ月だ!!

人には偉そうなことが言えるのだが・・・

へこたれ続けてきた禁煙も、今回は まもなく4ヶ月 なのだ!!

もちろん、最長不倒距離更新中なのだ!

改めて、今回はこのブログのおかげと、暇にまかせて(失礼)冷やかしに来てくださり、私がいい加減なコメントを書いても受け入れてくれたブログ仲間の皆さんのおかげだと思います。

タバコを本気で我慢して苦しさと戦っていた時、それを忘れるためにがむしゃらにジム通いをした。おかげで少しだけシェイプアップした。しかし、最近は、苦しくなくなったので、ジムへ行く足も遠のいてきた。このブログのタイトルが「た、た、体重が・・・」になりそうな気配である。

タバコから開放された今の生活を大切に・・・そして人には禁煙を無理強いしないで生きていこう・・・
[PR]
by dr-monkey | 2004-07-31 22:37 | 禁煙日記

自分発見

夕べは、隣の県へマイカーで高速道路を100km運転して講演に・・・

午後6時から質疑応答を入れて、7時40分まで。約200人の聴衆だ。私も、聞いてた人もお疲れ様状態。私が話し好きだったんじゃなくて、質問が多かったのだ。

その主催者の方々とお疲れ様状態のまま、会食のため地元の美味しい料亭やさん!
わたしゃ車なのでノンアルコール。皆さん下戸ではないだろうにかわいそうに付き合ってくれて、史上最初のノンアルコール、ノンスモーキング宴会だ!

なんだ、ノンアルコールビールだけで、結構盛り上がれるものだ。・・・というより、私が宴会の時にはいつもハイテンションになっているのは、アルコールやタバコのせいではなかったことがわかってしまった。今頃自分を発見してしまって、ただただ驚いた日なのでした。
[PR]
by dr-monkey | 2004-07-31 12:12 | 禁煙日記

リストラ

世界最大となる銀行統合に茶々が入っているようだ。ならば、いっそのこと東京三菱三井住友UFJ銀行になってしまえば、けんかをすることなく旧財閥オールスター、チョー世界最大銀行が誕生するかもしれない。

野球だって、ごちゃごちゃするなら、西日本の球団はすべて合併して、タイガースになり、東日本の球団はすべてスクワールズという球団名にして、各々の球団内で、レギュラー選手になるためのトーナメントでもすれば、結構盛り上がったうえに各球団の赤字は吹き飛ぶかもしれない。スクワールは squirrelはご存知「リス」である。リストラされた「リス」さんチームと「トラ」さんチームが戦うことになるのである。

このようなたわいもない話(?!)の根底にあるものは、リストラによる効率化ということになるだろう。合併によって重複した部門はすべてリストラの対象になるのである。
そもそも、リストラとはリ・ストラクチャリング re-structuringである。英語そのものの字面からすれば、「再構築」ということになり、決して、イコール人減らしのことではない。
文字通りの「再構築:リストラ」は、今個人にも社会にも求められていることなのではないだろうか。自分たちの役割をはっきりさせて社会での位置をを再構築する必要があるのだ。
[PR]
by dr-monkey | 2004-07-31 11:35 | ・・・と思いました

タクシーを禁煙に?!

「タクシーを禁煙に」運転手や乗客が提訴

最近こう暑いとちょっとの移動もタクシーに頼りがちだ。クーラーがガンガンにきいたタクシーに乗ったとき、必ずといっていいほどタバコの臭いが鼻につく。以前にこのブログに、あちこちが禁煙になってから、タクシーのお客が増えたという東京の運転手さんからの証言を書いた。移動するため以上にタバコを吸うためにタクシーに乗る人が増えたということだ。私も、以前はタクシーに乗ったときには、吸わねば損だとばかりにぷかぷかやった。そして、駅でタクシーを待っていて、たまたま順番に回ってきたタクシーが禁煙車だった時の落胆たるやとても大きかった。いまや、禁煙車もいいと思うものの、なかなか当たらないものだ。

いつもお客の立場でしかみていなかったが、運転手の立場とて同じということがわかった。確かに、運転手は会社の車に乗っており、多くのタクシー会社では禁煙車を設けていないわけで、禁煙を選ぶ権利がなかったんだ。

これからも喫煙者と共存するためには、特急列車や新幹線のように、タクシーの半分くらいを喫煙車、半分くらいを禁煙車に分けるしかないだろうね。そうなるとタクシーの運行効率は悪くなってしまうが、横並びの料金の中で、タクシー会社がよそと差別化を考えるならば、「当社は、全車禁煙」を訴えるか、恩着せがましく「当社は、全車喫煙可」を訴えて、それぞれに見合う運転手を募集する戦略もありかなと思う。
[PR]
by dr-monkey | 2004-07-29 13:42 | タバコの話

禁煙者

私は、どうも忘れっぽいらしい。そろそろ痴呆が進んできたのかと思うこともある。さすがここまで来るとタバコのことを忘れていることが多い。しかし、痴呆患者と違う点は、全くタバコの記憶がゼロではない点である。

そう。いつまでたっても私は「禁煙者」なのである。「卒煙」した、「絶煙」中だと息巻いても、もうタバコと「無煙」の生活だと言っても、決して「非喫煙者」にはなれないのである。重い十字架としてタバコの記憶が存在するのである。

そして、根っからの「非喫煙者」のように振舞う知ったか顔の似非「非喫煙者」のなかから、「禁煙者」をあぶりだす方法は、「喫煙者」に甘いことのような気がする。

あの甘美な喫煙生活を知っているだけに、喫煙者に禁煙を強要できないのである。
[PR]
by dr-monkey | 2004-07-28 18:10 | 禁煙日記

本気で反対ならば・・・

プロ野球は国民的スポーツなのか? :cosworth-dfv さんは、「本当にプロ野球ファンっているのか?」と疑問を投げる。

だいたい日本人の何%がプロ野球を見に行ったのだろうか?地方都市にだって、年に1回や2回は近くまで来ているはずだ。ニュースを見れば、パリーグの球場は福岡、所沢を除けば、がらがらだ。近鉄やオリックスのことを語るインタビューに出てくる知ったか顔の「市民」たちは、球場へいったことがあるのだろうか?「市民」たちはセ・パ12球団の名前を言うことができるのだろうか?

やはり、あるものはなくならない方がいいに決まっている。その方が心が落ち着くのだ。数ヶ月前までのタバコも、なくなったとたんに、心に禁断症状という不安感を湧き起こした。

本心から、1リーグ制に、みんなが反対ならば、解決は簡単だ。読売新聞、報知新聞の不買運動と、日テレ系の不視聴運動を展開すればいい。どうして、誰も言い出さないのかね?
[PR]
by dr-monkey | 2004-07-27 19:03 | ・・・と思いました

わかりやすい話

a0012232_2141395.jpgANAの機内誌「翼の大国」にこの4月から「ANA機上ビジネスセミナー」という連載が始まった。7月号の第3回は、又村紘氏による わかりやすい話は「あぼひなま」で! である。

あ:アイコンタクト
ぼ:ボディーランゲージ
ひ:ひとつあります
な:なぜならば
ま:まとめますと

の5つのポイントを抑えて話せば、上手なプレゼンテーションができるという。私は、この一つ一つの間に、「ま:間」も必要だと思う。
あ・ま・ぼ・ま・ひ・ま・な・ま・ま・・・?!○△□×???・・・こうなると、ますます覚えられるものではなくなってしまう!
プレゼンテーションではなく、相対する交渉ごとでも、同じことがいえよう。昔は、この「間」を上手に誰でも取ることができるスーパーツールとしてタバコがあった。禁煙した今、交渉ごとで「間=ためを作ることができる」技術はまだまだ未熟だ。

間を持つことで、聴衆をじらしたり、相手をじらしたり・・・これによって期待感と、それを聞いたときの感激はとっても大きくなるだろう。それが、中身もさることながらよくわかる話となるのだろうね。
[PR]
by dr-monkey | 2004-07-26 21:41 | ・・・と思いました

この2日間

久しぶりに、マイコンピュータの前に座った。こんなことブログに書いてもしょうがないかもしれないが、この2日間のスケジュールを振り返ってみる。

土曜日の朝、まったりとした霧島温泉の白く濁った露天風呂に入り(ホテルの従業員に確認・・・「入浴剤入れてませんか?」「よく聞かれます。とんでもない」と冷やかしにうんざり顔)、鹿児島空港から、東京へ。13:30から、新宿の某ホールで講演とパネルディスカッション。その後、主催の方と会食。最終便で地元の空港へ。空港から、マイカーを運転して100km先の我が家へ、所要時間1時間20分。そのままバタンキュウ。

今日日曜の早朝。先週一緒にキャンプをしたアメリカから来た高校生たちの、お別れ式に出席。なぜか、通訳に指名?!・・・英語は度胸だ!いいたいことや、相手が言わんとしていることは何となくわかる。しかし、オフィシャル通訳となると・・・。やっぱり勘弁だ。
自宅にとって返して、お着替えの後、特急電車で1時間のまちへ。デパートのギャラリーで絵画展を鑑賞。アフタヌーン・ティー・リビングでパスタとケーキ、欲張りランチなのだ・・・ここはいつ入っても男の客がいない。しかし、量は随分ある。たまにはおいしいものを腹いっぱい食べたい女性がターゲットなのかな?・・・私はこの数日、毎日おいしいものを腹いっぱいなのだ。
さらに、某シティーホテルに移動。13:30からある会合なのだ。ここで、今回当選した国会議員の方々とお話、そしてパーティーに突入。中締め要員に指名され、最後まで、酔い切れないままパーティは、私の一本締めで終了。
寸暇を惜しんで、「てもみん」だ!20分上半身コースでちょっとだけリフレッシュ。そして、再び特急電車で熟睡タイム1時間。ようやく家に帰ってきたのである。

改めて書き出してみると、なんだかオフィシャルなのか、プライベートなのかわからないようなスケジュールだ。その上、実はこのスケジュールに相方がいろいろ絡んでくる。二人のスケジュールを加えると、この倍の量になってしまうかもしれない。さらにさらに、数ヶ月前であったら、このスケジュールの間に、タバコの自動販売機を探す作業、喫煙所を探す作業、タバコを吸う時間も絡んでくる。気が遠くなってくるかもしれない。
[PR]
by dr-monkey | 2004-07-25 23:06 | 普通の日記

地球の煙

a0012232_18452371.jpg
鹿児島から、霧島温泉でマッタリだ。

地面から、絶えることのない何条もの煙 が立ち上る。ダイダラボッチの煙草どころではない。神々の喫煙所かもしれない。
[PR]
by dr-monkey | 2004-07-24 18:46 | 普通の日記

タバコの煙

a0012232_18132857.jpg
もののけ姫でも日本の国土そのものであるダイダラボッチが出ていたようだが、ずっと前に見たゲゲゲの鬼太郎のダイダラボッチを思い出した。
確か、ダイダラボッチのタバコが桜島になったようだった。

昨日から、鹿児島に来ている。あいにく、桜島には雲がかかっている。パンフレットの写真で想像だ。
タバコの煙も迷惑なものだが、鹿児島では、桜島の噴煙も迷惑なものらしい。我々旅行者にとっては、是非見たいものだけどね。

(今回、初めて携帯から、ブログしてみました。)
[PR]
by dr-monkey | 2004-07-23 18:14 | 禁煙日記