2004年4月1日禁煙開始以来、奇跡的に継続中!NanjaSoRya!No Smoking Roomへようこそ!タバコの話から日常の話まで・・・
by dr-monkey
カテゴリ
全体
禁煙日記
人から聞いた話
タバコの話
普通の日記
・・・と思いました
旅の話
診察室での会話
携帯からです
このページの開設にあたって
その他の話
未分類
以前の記事
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
more...
検索
フォロー中のブログ
きみぃの楽しい毎日
ふくみみ
†Kotonoha†
バイクにまつわるあれこれ
スポーツ内科医の日記
まぁ,確かに,やっぱり,...
I LOVE New York
禁煙とダイエット日記
ピーママときたま日記
wabi sabi
いまだ天命を知らず
女の禁煙 ブログで成功
東京OLもどき、禁煙生活編
theMatsumoPh...
Take it easy...
禁煙日記
ーHK発 ことえもんのど...
I'm still gr...
§Life Is Bea...
ブログリンク
タグ
(2)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ヒーロー

絶え間ぬ変化を求めていま新たな挑戦の時である。そのためには、わが社の掌握可能な事業内容を顧客や従業員に実践的に、かつ前向きに説明する責任が管理者に求められる。それによって自信に満ちた成長実のある成功が待ち受けているものと確信する。

どこかで聞いたことのある訓辞かもしれない。実は以下の米国人の好む言葉を私がつなぎ合わせたのである。(出展:田村賢司氏コラム、日経ビジネスEXPRESS 04.09.27号)
accountability(結果に対する説明と責任)
challenge(挑戦)
change(変化)
confident(自信のある)
growth(成長)
hands on(実践的)
open-minded(前向きな、心の広い、偏見のない)
substance(内実のあること)
success(成功)
under control(手に余ることのない、掌握可能な)
なるほど自信と“思い込み”に溢れた米国人の好きそうな言葉と妙に納得する。米国の強みは、この思い込みを斜に構えることなく、かつ過去の失敗事例を反省することもなく心底から主張することであろう。政治の世界でイラク侵攻などのプロセスはまさに、映画に出てくる悪は徹底的に悪であり、悪の帝国に敢然と立ち向かうヒーロー米国なのだ。経済も然り。グローバルスタンダードいう名の米国流会計基準、株主至上主義を押し付けようとしているのだ。
このふてぶてしいばかりの自信が欲しいなと思うこの頃である。
[PR]
by dr-monkey | 2004-09-30 08:14 | ・・・と思いました

きのこ見~つけ

a0012232_9323961.jpg昨日は仲秋の名月だった。見るのを忘れた!夕べ、晴れていたのか曇っていたのかも知らない。一昨日、地元ラジオ局で受け持っているレギュラー番組のエンディングで「明日は、仲秋の名月ですね。そこで、小野リサの“ムーンライト・セレナーデ”をお聞きください。この局を聞きながらのお月見っておつなものでしょうね。」なんて、自分で言ったくせに・・・

代わりに、近くの道路沿いで見つけた秋を紹介だ。まつたけ?まさか・・・毒キノコに違いない。
大好きな「きのこ鍋」に美味しいお酒・・・涼しくなってくると、鍋が恋しく生唾ごっくん状態だ。鍋を囲んでの一服も久しぶりに思い出してしまった。
[PR]
by dr-monkey | 2004-09-29 09:32 | 禁煙日記

明朗会計

トラバ返しと自己トラバなのだ
オーストラリア・シドニー海外生活ブログ: カッコイイ!ガンダム救急車
命とお金:救急車料金
世界の救急車料金について以前に書いた。Mikiさんのオーストラリアの救急車事情だ・・・おベンツ様に、ガンダム仕様の救急車、どちらも乗ってみたくなる。シドニーのあるサウスウエールズ州はタクシーメーター方式のようだが、州によって定額制のところや、住民に救急車税を課すところもあるらしい。
救急車税!・・・一つ一つの行政サービスを明朗会計にしてみるのもいいかもしれない。消防車税とかパトカー税のほかに、市長給料税とか、市役所職員税、新しい道路を作る税、市民ホールを作る税とかにすると、納税者は何にいくら使っているのか、必要なものかどうか、その使い道が適正なのかどうかなど、使い道には厳しくなるに違いない。税金が多くても至れり尽くせりの土地と、すべて自己責任だけども税金が安い土地・・・どちらに住むか各々の価値観が決めるなんていうのも新鮮な気がしてならない。
[PR]
by dr-monkey | 2004-09-28 11:53 | ・・・と思いました

TOBACCO LION

a0012232_14131377.jpg歯磨きの進歩は著しい。毎年、新しい効能をうたったタイプが出てくる。そういえば、子供の頃にはバナナ味とかイチゴ味とかあった(今はもうない?)。歯を強くするフッ素入り、「りんごをかじっても血が出ませんか」の歯周病対策、キシリトール入り、ミュータンス菌を殺してしまうものから歯垢を分解するものまで、きわめて多種に及ぶ。そして、新製品が出た分だけ古い効能、ブランドが消えていくようである。
昨日、ドラッグストアにいつものキシリトール入りを買いに行った。そして、その棚のならびに・・・おおっ!冬ソナでユジンが10年前に死んだはずのジュンサンを見つけた比ではない!もう30年以上前にテレビのコマーシャルから消え、死んだと思っていた「TOBACCO LION」と涙の再会だ!パッケージのタバコの絵には、当時のままフィルターがついていない。
練り歯磨きではなく「歯磨き粉」だ!タバコのヤニ取りに特化したこの歯磨き粉(おそらく研磨剤入り)は、昔どこのうちの洗面台にもあったお父さんたちの愛用品だったのだ。濡れた歯刷子をこのボックスに突っ込んで粉をつける。したがって、箱の中の粉は、次第にパウダーから塗り壁状に、お父さんたちはこの塗り壁に歯刷子をこすり付けて粉を付けたのであった。
生きていた!・・・ということは、まだまだ潜在的な利用者がいるのかもしれない。確かに、最近の歯垢分解歯磨きでは、タバコのヤニなんぞ取れないのかもしれない。そして、「TOBACCO LION」の横には、次の世代でやはり20年以上前に死んだと思っていたの「ZACT LION」が陳列されている。タイムスリップしたのだろうか?一瞬めまいがしたが、気を取り直して、いつものキシリトール入りを買ってきたのだった。LIONさん、ご苦労様です。
[PR]
by dr-monkey | 2004-09-27 14:11 | タバコの話

いやな話

UK Today by Japan Journals : 9/22 飲み物だけでなくタバコにも注意!――新たなデート・レイプの手法に警告
デート・レイプといえば、これまでは飲み物に薬物を混入させて女性を意識不明の状態にさせ暴行する手口が一般的だったが、今回のレイプ事件ではタバコを薬物に浸したものが使用されたらしい。被害者の30歳女性は17日夜、スウォンジーのナイトクラブで出会った、身なりのよい男性2人連れにもらったタバコを吸ってから意識が朦朧としたとされ、男性のうちの1人とタクシーに乗ったことをぼんやりと覚えているだけだったという。
ある調べでは、飲酒が認められている年齢の英国人女性のうち、4人に1人はパブなどで飲み物に薬物を混入されたと疑ったことがあるということも報告されているそうな。

英国は薬物先進国なのだろうか?おそらく英国だけではないだろう。日本でも、嫌な事件が増えている。映画ラストサムライで描かれた勤勉で礼儀正しく、そしてきれい好きの日本人はどこへ行ってしまったのだろうか。敢えてトラックバックしないが、midnightstar_ny さんも勇気を持ってブログに身に降りかかった不快なストーカー事件を告白してくれている。特別な人ではなく、ごく普通の人に悪魔が寄りかかろうとしているようだ。そして、加害者も普段は善良な市民面しているのかもしれない。
見つからなければ勝ちといったような、ゲーム感覚の犯罪が増えているように思う。被害者のことを思えば、加害者には厳罰・・・金銭や拘留ではなく、公開するなど社会的な制裁が必要なように思う。
[PR]
by dr-monkey | 2004-09-25 21:13 | ・・・と思いました

こだわりの一品

Sao Paulo - Shimbun:南リオグランデのタバコ栽培
いまやブラジルは世界一のタバコ輸出国らしい。ここでは高収入のタバコ農家であるが、仕事は厳しく子供を含めて、夏季は朝5時半から夜20時までの15時間労働。この労働時間から大規模農家は向かず家族農中心だという。また、最も注意を要する乾燥室の火加減調節のために、夜も45分毎に温度調整に起きなければならない。したがって、タバコ産業は職人産業と云われているようだ。
さらにブラジルのタバコは世界で最も農薬が少ないという。農薬散布は20年前にはヘクタール当り60キロが必要であったが、現在は2キロで充分。アメリカでは現在も34キロを使用しているらしい。また、乾燥のために紙パルプ業界の次に森林を伐採するが、すべて植林によるものということだ。このように栽培され、熟成されたタバコの85%は輸出、世界で最も手工業的、有機農産のタバコの一つと評価されている。

ということで、ブラジルのタバコは、職人が手間暇かけた手仕事で生産され、低農薬、環境にも優しいすぐれものである。こだわりの一品ということになろう。こう薀蓄が多くなるとお試ししたくなるのが人情である。農産物輸入大国日本のこと、もしかしたら、日本で一般に吸われている洋もくのなかに既にブレンドされているかもしれない。とすれば、こだわりの一品のもっと宣伝をして欲しいものである。
そして、生産農家に報いるために、タバコはもっと値上げしてあげなければならないのだ。
[PR]
by dr-monkey | 2004-09-25 11:10 | タバコの話

ねずみ講どころでない

ギャンブルや投資で人は儲かった時には「どうだ」と自慢し、損をした時には寡黙になる。そして大損した時は人のせいにして声を荒げるものかもしれない。
私の場合は日頃儲かるはずがないものの、大損していないので寡黙であった。しかし、・・・

NIKKEI NET 総合企業情報 株価サーチ:三菱自動車工業(株)
先々代のマイカーは三菱自動車「ディアマンテ」4WDであった。エンジンはよく回り、なかなか快適な車であった。もともとゼロ戦の三菱だ。飛行機の技術力だなんて、わかったような薀蓄をたれ乗っていた。その後、Audiから現在のRoverへと変わってきた。この浮気は別に三菱が嫌いになったわけではない。単にミーハーだっただけだ。

今回のリコール隠しはCSR ( Corporate Social Responsibility :企業の社会的責任)を無視するものであり、企業姿勢として最悪の部類に位置するものであった。したがって、三菱自動車はマスコミからもユーザーからも愛想をつかれ、企業業績、株価は急速に悪化したのである。

私ももう三菱は終わりかと思っていた。ところが、この夏のアメリカ訪問で、ニューヨーク、マンハッタンの街角に三菱ふそうのマークをつけた小型~中型トラックがうじゃうじゃいるではないか。ロサンゼルスのフリーウエイに三菱車がうじゃうじゃ走っているではないか。。。

これからどうなるかわからないものの、帰国早々の8月18日に三菱自動車株を1株77円で最小単位1000株を77,000円で購入した。マネックス証券で手数料は消費税込みで1,050円だ。現在約1ヶ月で1株119円だ!ということは1ヶ月で1000株が119,000円。
税別手数料別で月利53.2%(手数料消費税込みで51.2%)。1億円だったら1億5300万円になっていた!!!これを年利で単純に計算すると16713.4%=約167倍だ!!!(ん?とんでもない数字で計算があってるかな?!)1億円が167億円になってしまう!・・・すごい!もっとも1億円て金もないし、たとえあっても三菱自動車に投資する勇気はないかもしれない。
a0012232_10215960.jpg


まさに取らぬ狸の皮算用。今後よほどすごい施策を打たないと同社の株はこの1ヶ月と同じ比率で伸びるはずがない。ここで欲を出して売りあぐねていると、またすとんと底に暴落するかもしれない。
私は、投資家ではないし、そんなに自由になる金があるわけではない。自分の目で、自分の頭でよいと思った事象、会社で夢を買いたいと思う。
[PR]
by dr-monkey | 2004-09-24 10:21 | ・・・と思いました

比較級の話

いくつになっても人は自分の興味のあることを語りがり、それを聞いてくれる人を求めていると思う。したがって、「聞き上手」で広く物知りの人は人に好かれるのだろう。

「やっぱ、AudiよりBMWだよね」
「今度出た、ブリジストンのドライバーはよく飛ぶよ~」
つい最近まで
「同じ1mgタバコでもフィリップモリスより、ケントの方が香りがいいよ」
若い頃は
「なんといっても117クーペだよな」「いや、スカGとか今度出たソアラがいいよ」
「赤坂のムゲンなんて高いだけ、やっぱ六本木のマハラジャがナウいよ」
なんて、絶えず比較級の会話をし、相手からも聞かされてきた。比較級の話をするときには機能的には同じようにも見えるのだが、どこかに薀蓄を語れる要素が必要なようだ。

a0012232_9354630.jpg先日、田舎の温泉施設で湯船につかっていると年配のお父さん方の会話が聞こえてきた。・・・
「やっぱ、イセキよりヤンマーがいいわ」
「ヤンマーでも今のやつより、モデルチェンジ前の○○型がよう刈れるわ」
稲刈りの季節だ。稲刈り機自慢だ。最近のことだから、どこの機械を買っても機能的にそんなに違うはずはない。でも細かいデテールをこだわるのがプロの男なのだろう。
田んぼには、天日干しの「はさ(稲架)」が見える。やはり天日干しは美味しいらしい。手間がかかるだけに農家の自家用のみ稲架に掛けているようだ。

淑女の皆様から機能的に似通った「今彼vs前彼」「彼氏同士」「旦那同士」の比較級の話がたくさん聞こえてくるような気がしてきた。おお怖、おお怖・・・
[PR]
by dr-monkey | 2004-09-22 09:34 | ・・・と思いました

アメリカ文化

アメリカの文化の第一次侵略
コロンブスがアメリカを発見しなかったらどうなっていたか?もちろん誰かが見つけたに違いない。しかし、イヨクニ(1492年)が見えたより前に、あるいは後にアジア系の人間が見つけていたら、今のようなアメリカ中心の世界はことなるものになったに違いない。
食べ物でも、唐辛子とトマトの他に、ジャガイモ、サツマイモ、カボチャ、トウモロコシなどという大物から、インゲンマメ、ピーナッツ、キャッサバ、バニラ、カカオ、アボカド、パイナップル、パパイヤまでアメリカ原産である。トマト料理はイタリア料理など南欧で欠かせない。韓国ではキムチに代表される唐辛子をふんだんに使った料理も欠かせない。しかし、これは秀吉が朝鮮侵略時に伝えたものらしい。タバスコは原産地で生産されているものだから元祖、あるいは本家唐辛子食品として大々的に名乗っていいのかもしれない。アジアのビーチリゾートで欠かせないトロピカルフルーツもアメリカ原産だったのだ。
そして食べ物以外でタバコと梅毒である。こちらも全世界を席巻した。タバコがなかったら、われわれは禁煙に苦しむことはなかったかもしれない。梅毒がなかったら、ニーチェは哲学を語らなかったかもしれない。

第二次侵略
マクドナルド、ケンタッキー、コーラとハードロックカフェが全世界にはびこりはじめているようだ。これらの侵略は第一次侵略同様に中国、ロシアから中東までも席巻している。これら喧騒とスピードを競うアメリカの文化とスローフード、スローライフとがいま戦っている状況なのだろう。
[PR]
by dr-monkey | 2004-09-21 17:08 | ・・・と思いました

完璧な美

a0012232_17451968.jpg昨日、島根より帰ってきた。出雲空港を出発する前に、安来にある足立美術館の鑑賞だ。足立美術館の13,000坪庭園は圧巻だ。庭園の歴史が深い、あるいは造型が優れたものは世にたくさんあるだろう。何がすごいといったら、この広大な庭全てに人の手が入っていることだろう。全ての草木は計算されて剪定され、四季折々の花が配置されている。そして、正面はもちろんのこと、ちょっと目立たぬところまで一本の雑草、一枚の枯葉ひとつないのである。日本人が凛として作り上げたわずかの隙さえ見せない美学を見ることができたように思う。


a0012232_17462100.jpgさらに、この美術館ではいま日本画の巨匠横山大観「海山十題」展である。昭和15年に大観が書いた海と山を題材にした連作各々10作が、散逸から逃れ最近になって全てが発見されたということだ。東京大学解剖学教室には、「傑出人脳コーナー」があるらしい。夏目漱石、内村鑑三、斎藤茂吉、横山大観などの脳が展示されているということだ。また、政治家部門では、桂太郎、池田勇人、浜口雄幸、三木武夫など、歴代総理大臣の脳も陳列されており、まさに多士済済というべき豪華な顔ぶれであるらしい。大観の脳には多くの皺があり、90歳の高齢にも関わらず若々しかったようである。さらに、解剖結果で左眼は50万人に一人の眼力であったと嘘っぽいものの、さもありなんと思わす逸話まであるようだ。大観の山や海の描写は、雲や波の一瞬を超スローモーションで捉えているようにも見えるからである。

美術館自体、そこに陳列された名画。どちらも、日本人が失いかけている妥協を許さない完璧なまでの美しさを示してくれたように思ったのである。
[PR]
by dr-monkey | 2004-09-20 17:44 | ・・・と思いました