2004年4月1日禁煙開始以来、奇跡的に継続中!NanjaSoRya!No Smoking Roomへようこそ!タバコの話から日常の話まで・・・
by dr-monkey
カテゴリ
全体
禁煙日記
人から聞いた話
タバコの話
普通の日記
・・・と思いました
旅の話
診察室での会話
携帯からです
このページの開設にあたって
その他の話
未分類
以前の記事
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
more...
検索
フォロー中のブログ
きみぃの楽しい毎日
ふくみみ
†Kotonoha†
バイクにまつわるあれこれ
スポーツ内科医の日記
まぁ,確かに,やっぱり,...
I LOVE New York
禁煙とダイエット日記
ピーママときたま日記
wabi sabi
いまだ天命を知らず
女の禁煙 ブログで成功
東京OLもどき、禁煙生活編
theMatsumoPh...
Take it easy...
禁煙日記
ーHK発 ことえもんのど...
I'm still gr...
§Life Is Bea...
ブログリンク
タグ
(2)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

集団行動

懐かしい戦友「喫煙派の鈴丸式blog」へトラバ返しだ!

鈴丸式blog:禁煙派60人、「たばこ規制」の人文字 条約発効記念
「たばこ規制枠組み条約」が発効したのを記念し、たばこを吸わない医師、歯科医師ら約60人が27日、東京都三鷹市の杏林大病院の中庭に並んで、同条約を示す英語の頭文字「FCTC」という人文字をつくった。
らしい。

「たばこ規制枠組み条約」発効自体はすばらしい快挙で手放しで喜びたい。・・・しかし、何もここまでやらなくともいいんじゃないの?だいたい人文字って言うのは、小学校や中学校のころ、無理やり運動場に出させれて、地元新聞社の飛行機かなんかが来て半分新聞拡販のための写真を撮っていったようなものじゃないのかな。大の大人が、しかも医師や歯科医師でございと名乗ってまで人文字を作るとは、いささか幼稚なような気がしてならない。さらには北朝鮮のマスゲームも連想させられる。

人にものごとをアピールするためには、確かに人と同じことをしていては取り上げてはもらえない。しかし、もうちょっと医者らしいことはできなかったんでしょうかね。

鈴丸氏からは、私も参加した疑いがかけられてしまった。私は、B型・・・集団行動は嫌いだ。しかも、この日はそれどころではなかった。おそらく、タバコをやめた頃のジム通いをサボってしまったつけで体重が増えたことが原因なのだろう。ぎっくり腰で「寝たきり状態」になってしまっていたのである。
[PR]
by dr-monkey | 2005-02-28 19:37 | 禁煙日記

タレルTurrellの部屋で

a0012232_22252994.jpg行ってきました。雪の中、金沢21世紀美術館。兼六園のまん前にある。

a0012232_22283497.jpg建物はベネチアビエンナーレで賞を受賞しただけあって芸術だ!特に今日は周りが雪景色だけにUFOが雪原に不時着したような雰囲気だ。

近代美術と、ガラクタ、おもちゃとの区別は難しい。それなりに空間で楽しませてもらった。

細い回廊がTurrellの部屋へと続く。

a0012232_22303360.jpgTurrellの部屋は屋根がない。天空を切り取ってあるのだ。
石のいすに座って、雪の晴れ間の青空をきる取ってみた。

寒さの中で天を仰ぎすぎたようだ。急に腰痛が・・・
[PR]
by dr-monkey | 2005-02-27 22:33 | 旅の話

楽しいこと

とてもいい話なのでトラバしました!digibotさんは私とほぼ同時期からの禁煙者。だけど過去2回の失敗の後、今回3度目の正直中なのだ。

1ヶ月と10日目 「再び楽しい禁煙」
禁煙が楽しい。運動で、タバコを吸わない自分の肺が浄化されていくような気持ちになります。
とのこと。

人間楽しいことは苦じゃない。遊びばかりではなく、仕事だって楽しいときには時間を忘れ没頭できるのだ。苦虫をかみ締めているようなフジテレビやニッポン放送の社長さんはさぞやストレスで胃が痛いことであろう。相対するライブドアのホリエモンのほうはゲーム感覚で楽しんでいるようにも見える。

要は、同じことをしていても楽しいか、楽しくないか。・・・いいこと探しができるかどうか

ファイト一発

リポビタンDのコマーシャルの崖登りや急流くだりなんか、私にとってはとんでもない!あんなことさせられたら、足がすくみストレスで胃に穴が開いてしまうことであろう。だけど、彼らは同じ状況を楽しみ、なしえた時にドリンク剤で乾杯するのである。・・・同じことするんだけどね。

話はもとに戻って、禁煙と運動。私も、禁煙初めの数ヶ月はジム通い。タバコ吸えなくなるほど疲れるっていいものでしたよ。ジム行かなくなって、その後の体重の増え具合は・・・・!!!!
[PR]
by dr-monkey | 2005-02-26 10:49 | 禁煙日記

慣れ

a0012232_10344749.jpg
今日、東京は大雪である(らしい)!

「慣れ」の問題であろう。私のような雪国から来た者にとって数センチの雪なんぞ話題にもならない。北海道の人たちにとっては10センチの雪なんぞも屁でもないかもしれない。

10人が10人ともにタバコを吸っていた時代は煙なんぞ何でもなかったかもしれない。しかし、10人のうち、9人までがタバコを吸わない時代では、すれちがいざまに漂ってくる煙に対してとても過敏になってしまう。
タバコ「慣れ」が少なくなった昨今、吸う権利とかマナーの高揚などと言っていた時代は、既に終りつつあるようだ。
[PR]
by dr-monkey | 2005-02-25 10:34 | 携帯からです

マッカーサーをはじめ軍人というのは、レイバンのサングラスとタバコやパイプがよく似合うと相場は決まっていたようだけど・・・

朝鮮日報:韓国国防部、「禁煙区域での喫煙者」名簿公開へ
 これからは国防部の建物内でたばこを吸った場合、国防部のイントラネットに名前が公開され、恥をかくことになる。また、進級から脱落される可能性もある。
 尹光雄(ユン・グァンウン)国防長官が今月初め、禁煙区域でたばこを吸って摘発された人に、人事上の不利益を与えるよう指示したためだ。
儒教の国韓国である。「恥をかく」ことに敏感なのかもしれない。

朝鮮日報:『ブラザーフッド』の人気女優イ・ウンジュさんが自殺
 警察は「昨年10月公開された映画『朱紅文字』の撮影当時、裸身の演技など露出シーンのため、不眠症とうつ症に悩まされてきた」という家族の証言から、イ・ウンジュさんが自殺したものと見て、詳しい動機と経緯を調べている。
軍隊つながりといえば、映画『ブラザーフッド』で名演した女優イ・ウンジュの自殺。真相はこれからなのだろうけど、もし露出シーンなのならば、儒教の国韓国の「恥」の文化が原因なのかもしれない。

そして、日本人はいつから恥を知らなくなったんだろうか。マナーや道徳を広告しなければならない世の中になってしまっているのだ。
[PR]
by dr-monkey | 2005-02-23 11:43 | ・・・と思いました

季節感

外は雪。結構積もっている。道路もつるつる状態だ。道路のタバコの吸殻なんかもすべて隠して真っ白な世界が続いている。

a0012232_23152583.jpgでも建物の中には・・・桜!お雛様の季節だっていうのに桃でも梅でもなくて桜だ。聞けば、山形産、それもサクランボになる桜だそうだ。えっ?沖縄の桜でなくて、よりによって山形の桜?本当に季節感っていうものがなくなったこのごろなのだ。

タバコの葉っぱは夏物。夏の強い日差しがタバコの葉っぱに恵み(!?)をもたらす。

桜は春だけ。 タバコは夏だけ。・・・なんて季節感があったら、、、、
[PR]
by dr-monkey | 2005-02-21 23:16 | 禁煙日記

国産!?

a0012232_112445100.jpg
ただひとつの国産葉100%・・・凛RIN・新発売

凛として、しかもシンプルに主張している。

えっ!ということは他のタバコってみんな輸入葉が入っているということになる。国産にこだわっていた人、ヨウモクにかっこよさを求めていた人・・・同根だったのだ。
[PR]
by dr-monkey | 2005-02-20 11:24 | 携帯からです

大物だった

昨日のニュースステーションを見てひっくり返った!

ライブドアのホリエモンの件で古舘とコメンテーター氏が話している。どちらかというとホリエモン擁護だ。なるほど、
・市場のルールに則って株を買っているのだからこれをとやかく言うのはおかしい
・公共の電波を扱う事業者のあるべき姿はマナーの話だ
ルールとマナーをごっちゃにしてはいけないという話だ!

ひっくり返ったのは実はこの内容ではない。コメンテーターの方を見てだ!

a0012232_832952.jpg今月初め、雑誌の編集者氏から電話があった。来週東京に出てこないかと。内容は対談相手を探しているという。そんな急なこといわれても・・・といったんお断りしたものの、泣きそうな様子なのである。お相手も忙しい方なので、日にちが決まっているという。お相手は堀田力氏だ。弁護士・(財)さわやか福祉財団理事長で、元東京地検特捜部検事、さらに作家でもあるという。はずかしながら、知らなかった(汗・・・)。たまたま、東京へ行く用事があったので、帰りの航空券を変更して2月10日に日比谷のTホテルでカメラと速記者の前で対談したのだった。

おっしゃることが論理的で、尋ねたことに対して逃げることなく明快にお答えになる。只者ではない!・・・と思ったのである。当たり前である大物だったのだ。知らないとは怖いものだね。おそらく対談相手がいなかったというのは、みんな逃げたのに違いない。
[PR]
by dr-monkey | 2005-02-19 08:37 | 普通の日記

玉手箱

タバコをやめてから・・・

お酒に弱くなった!!

ようだ!

禁煙当初は、
タバコを吸う時間はお酒を飲んでいなかったはずだから、その時間の分は余計にお酒を飲んでいるに違いない。
という仮説のもと、妙に納得していた。

しかし、どうもそれだけではないようだ。いままで30年近くの喫煙歴の中、ニコチンで鞭打たれていた交感神経が急に解き放たれて、緊張感を失った感がある。まさに、浦島太郎の玉手箱のように、煙がなくなったら、急に老化が進んでしまったのかもしれない。

去年の忘年会シーズンには、学生時代も含めて生まれてはじめて酒で意識不明になった。もっとも、端の人から見るといつもよりしっかりしていたらしく、ちゃんと皆さんにあいさつして愛想を振りまきながらまっすぐ家に帰ったらしいのだが、忘年会途中から朝までの記憶がないのである(どこかの歌舞伎の御曹司みたいな話であるが・・・)。そして、一昨日も飲み始めて1時間半ですっかり出来上がってしまったようである。
家内からは「歳を考えて飲みなさい」と叱られる。

(以前はもっと飲んでもしっかりしてたのに・・・、以前は午前様でもしっかりしていたのに・・・)

せっかくタバコをやめて、何となく健康的になったに・・・寄る年波ですかね
[PR]
by dr-monkey | 2005-02-18 11:39 | 禁煙日記

負荷ということ

人間っていう生き物は、負荷がかかると頑張るし、負荷がないと怠けてしまう。そんな折、同僚が楽にシェイプアップしたと自慢げに語るのだ。

フェニックス加圧スポーツウェア〈カーツ〉
血流を適度に制限する…。それが「加圧トレーニング」の原理です。
〈カーツ〉の特徴は専用の加圧ベルトで腕や太腿の付け根を加圧して、血流を適度に制限できるということです。決して、血流を完全に止め、止血するわけではありません。実際に加圧をすると、加圧された腕や手の平は赤くなります。それは、普段使っていない毛細血管にも血が行き届いたからです。一方、〈カーツ〉を使用し、加圧した状態で運動をすると、軽い運動にも関わらず、普段使用していない筋繊維までもが広範囲に活動し、筋肉に疲労物質である乳酸が蓄積されます。筋肉がこのようなストレス状態であるという情報が脳のホルモン中枢を刺激し、脳の視床下部で成長ホルモンが分泌されるのです。この成長ホルモンの分泌量は加圧しない場合よりも多くなります。血流によって運ばれた成長ホルモンは全身に行き渡り作用するので、血流を制限した腕や脚だけでなく、全身の脂肪を分解し、筋肉をつくってくれます。
日本の佐藤義昭氏という方が、この加圧筋力トレーニングを発明したらしい。
筋肉を兵糧攻めにしたうえで、頑張らせ、逆境にも強い筋肉を作り、その過程で出る成長ホルモンでシェイプアップしようとするようである。

そういえば、マラソン選手の高地トレーニング。・・・敢えて酸素の薄いところで頑張ることで、身体は酸素を全身に運搬する赤血球(ヘモグロビン)を増やして適応しようとする効果を狙ったものなのだ。2次的な多血症を作るということになる。
おっと、喫煙者にも多血症は多い。これも、高地トレーニングと同じで、タバコによる一酸化炭素をたくさん吸うことで酸素摂取量が減る。身体は、何とか酸素を身体に回そうと赤血球を増やすことになるのである。もっともタバコは動脈硬化なんかの原因になるわけで、多血症のドロドロ血が、脳や心臓で詰まってしまう病気(脳梗塞や心筋梗塞)の原因ともなってしまう大きなリスクを背負うことになる。

いづれにしても、人間逆境に陥れられると、結構頑張ってしまうのねということだ。心の負荷、ストレスも全くなくなってしまうと、怠け者になってしまうに違いない。
[PR]
by dr-monkey | 2005-02-17 09:25 | 禁煙日記