2004年4月1日禁煙開始以来、奇跡的に継続中!NanjaSoRya!No Smoking Roomへようこそ!タバコの話から日常の話まで・・・
by dr-monkey
カテゴリ
全体
禁煙日記
人から聞いた話
タバコの話
普通の日記
・・・と思いました
旅の話
診察室での会話
携帯からです
このページの開設にあたって
その他の話
未分類
以前の記事
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
more...
検索
フォロー中のブログ
きみぃの楽しい毎日
ふくみみ
†Kotonoha†
バイクにまつわるあれこれ
スポーツ内科医の日記
まぁ,確かに,やっぱり,...
I LOVE New York
禁煙とダイエット日記
ピーママときたま日記
wabi sabi
いまだ天命を知らず
女の禁煙 ブログで成功
東京OLもどき、禁煙生活編
theMatsumoPh...
Take it easy...
禁煙日記
ーHK発 ことえもんのど...
I'm still gr...
§Life Is Bea...
ブログリンク
タグ
(2)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 08月 17日 ( 4 )

介護事情でみるアメリカ

a0012232_17162146.jpg洒落たタイムズクエア横のレストランで、美味しいお酒と寿司ロールをつまみながら、現地駐在商社マン氏と歓談した。
「褥創(床ずれ)予防のマットレスとか、器具をアメリカで紹介してくれって、業者さんから言われているんですよね。結構優れものらしいんですけど、なかなか引き合いがなくて・・・」
「そりゃそうでしょ。そんなもの売れないよ」
「どうしてですか?」
「だって、アメリカじゃ寝たきりを作らないなんてかっこいいこと言っているけど、平均寿命を考えたら、寝たきりになって褥創ができる前に死んでいるんだよ。というより殺されているんだよ」
「そういえば、低所得者向けのナーシングホームの在所日数は長くて2年だと言ってましたよ」
「2年経ったら、みんな死んじゃうんだね」
くわばらくわばら

a0012232_1723630.jpg

[PR]
by dr-monkey | 2004-08-17 17:24 | 人から聞いた話

タバコでみるアメリカ

意外や意外!悪名高きニューヨークの地下鉄。確かに駅は古くてボロイけどタバコの吸殻ないじゃない!ついでに、ロサンゼルスの地下鉄でもゴミ一つ落ちていないじゃない!
a0012232_1649747.jpg


そう、今回のアメリカは、禁煙後初体験の海外旅行。成田空港の喫煙コーナーが目に付いた以外、ほとんどタバコの煙を感じることはなかった。もちろん飛行場、計8回乗ったタクシー、ホテル内、レストラン、リバティー島、エンパイヤステートビル、野球場、ブロードウェイの劇場、メトロポリタン美術館、、、ハリウッド周辺、ユナイテッド・シティと全くタバコを意識することもないし、臭いを意識することもなかった。タバコを目撃したのはニューヨークのセントラルパークのベンチ、ブロードウェイのミュージカル終了後の人ごみの一人、ロサンゼルスのフリーウェイで走っている隣の車ベンツのドライバー、ロサンゼルスのホテルの中庭の灰皿の前くらいなのだ。お酒を伴う洒落たレストラン・パブでもタバコはない。以前にもまして、路上でさえ喫煙者の影を見なくなってしまった。さらに、屋外広告やテレビCMにもタバコは皆無である。来年この国を訪問したら、われわれ異邦人が行きそうなところでは、タバコを見ることはなくっているかもしれない。
a0012232_1650798.jpga0012232_16503182.jpg


a0012232_1651731.jpg

帰国後、やはり成田空港のバス待ち路上、羽田空港の待合ラウンジでツーンとタバコの臭いが流れてきたのが、とても印象深かったのだ。
[PR]
by dr-monkey | 2004-08-17 16:51 | タバコの話

タクシーでみるアメリカ

a0012232_15275696.jpgニューヨークJFK空港から、マンハッタンのホテルまでイエローキャブに乗った。ドライバー氏は助手席に孫の写真を飾る人のよさそうな白人爺さんに見える。途中で、フリーウェーから横道へ。「すわっ!どこかで襲われるのか・・・金がありそうな顔をしてるのか!」
「What's Happen?」
「ちょっと、待っててね~」(と言っているらしい)
なんと、ガソリンスタンドに入ってしまった。・・・えっ!今からガソリン入れるの?
そんなもんじゃなかった。車から降りてみるとパンクしてるんじゃないの?ドライバー氏は、空気注入機にコインを入れて、やおらタイヤに空気を入れ始めた。心配そうな小生に、にっこり笑って「心配ないよ~。中で座って待っててね」。しょうがない待つしかない。・・・今度は右側から真っ赤な大型RV車が近づいてくる。このタクシーの横をすり抜けるらしい。「無理無理!」と思わず日本語。・・・英語で言えばよかった(なんていえばいいか出てこなかった)。 
そうだよなあ。ギー 見事に大きな擦り傷がタクシーのバンパーとRVの横腹だ。「今度は事故処理かよ」・・・いつになったらホテルに行くんだ!
真っ赤なRVから出てきた怖そうな黒人青年氏とドライバー氏・・・今度は喧嘩か!二言三言言葉を交わして、はい、さようなら・・・拍子抜けだ。日本ならどっちが悪いか言い争った後、警察呼ぶかもしれない。
「Let's Go!」「大丈夫なの」「Insuranse」へえ~と感心している場合でない、タイヤのパンクはどうなったんだよ~。無事ホテル到着。ドライバー氏はこちらの不安を察してかタイヤを蹴飛ばして、ニコリ・・・Thank Youだって。
この車にいい加減なとこいいよなあ。


a0012232_1528388.jpgところ変わって、ロサンゼルス。ハリウッドから帰りのタクシードライバー氏。知的なアジア系青年だ。「日本人か中国人か?」「日本人だ。そういうあんたは?」「バングラデシュ人だ」「いつアメリカに来たのか?」「5年前」・・・最初は、「韓国車が増えたけど、在米韓国人は絶対に韓国車を買わない」とか「バングラデシュも日本と同じ右ハンドルだ」とかたわいもない話をしていた。しかし、どうやら彼にとってタクシードライバーは仮の姿らしい。その後、日本の工業について質問だ。・・・汗タラタラ!彼はエンジニア志望らしい。約50分間、日本の工業、電気産業についていい加減な話をさせられた。・・・先にこちらの職業を聞けよな!どっと疲れたが、このハングリーさ、日本人にないよなあ!
[PR]
by dr-monkey | 2004-08-17 15:30 | 旅の話

飛行機でみるアメリカ

a0012232_12472980.jpg帰ってきました!夕べ遅くに自宅に着いて、今朝から平常勤務です!時差ぼけなのか、お疲れなのかなんともいえないけだるさがあるものの、お休みをいただいた身・・・そんなそぶりを見せず、お仕事なのだ!
「随分、日焼けしてますね」
・・・ニューヨークメッツの試合を見てきたなんて言えないよね。
「えっ。そ~う」


今回はUA便で。格安航空券を仕入れて、しかし、スターアライアンスGoldステータスを目いっぱい利用して旅してきた。
成田→ニューヨーク→ロサンゼルス→成田:1週間という強行軍なのだ。その間の飛行機を通してアメリカを見てみたい。

a0012232_12475814.jpg成田では、Goldステータスで、レッドカーペットラウンジ・・・何だ日本の中でもアメリカサイズのラウンジを作ることができるんだ。椅子も通路もすべて日本のものより大きいのだ。
ニューヨークまで12時間。世界最長の路線の一つらしい。したがって、キャビンアテンダント(CA)は屈強の男女(?)揃い!まあ、何でお盆前の一番運賃の高い時期に中国人やら韓国人の子供がたくさん乗っているのか?日本人が高くて乗れない分、彼らに安く航空券を売っているに違いない。それにしても、エコノミーのCAの対応の悪いこと・・・彼らはSirなんていう前にPleaseという言葉すら知らないらしい。おつまみの袋を客に向かって投げているのには唖然とした。まあ、12時間我慢してJFK空港に降り立てば、荷物はGoldステータスゆえ、優先的に出てくるのだった。

ニューヨークからロサンゼルスまでのUA国内線。ここでもしっかりレッドカーペットラウンジだ。搭乗直前に、名前を呼ばれた。
器材変更か何かで、席替えがあるのはたまに日本でも経験する。
「Channge Sheatか?」
「Yes. Business Class!」
思わず「Thank You!」
なのだ。約5時間30分の旅は「嘘でしょう!ほんとに同じ航空会社?」というくらいの待遇の違いだ。すべてはエレガントできれいなお姉さんが、Sirなのだ。日本で、スーパーシートやClass-Jがいくら空いていても、普通席から格上げすることはない。平等性を損ねるからだろう。しかし、空いているならば、一定のルールのもとで、格上げしてやればよい。次から、お試し経験した「優良顧客」は利用するに違いない。

日本の航空会社の飛行機で、国際線エコノミーにも、ビジネスクラスにも乗った経験がある。もちろん椅子の広さや食事の内容は違うのは、料金の差を考えれば当然だ。しかし、ここまでの扱いの差は経験したことはなかった。成功者にはとことん差をつける・・・これを見せられれば、自分も成功するために努力する・・・アメリカ人のハングリー精神の原点と結果を見せらたような気がした。
[PR]
by dr-monkey | 2004-08-17 12:48 | 旅の話